買ったよ。

WS000000

「薄い財布」で有名な、アブラサスの薄い財布と、知らない人が多いであろう、クアトロガッツの「小さいふ」の一種、コリーナ。
薄い財布はダンボーコラボバージョンです。

厚みとしては少しだけ「薄い財布」のほうが薄く、持った印象もそのまんま。

WS000001

重ねて置いた図。
財布のサイズそのものは小銭入れが分離してるぶん、若干薄い財布のほうが大きめで、手にもってみると、その「若干」のサイズの違いがかなり感じられます。
7枚のお札、6枚のカード、小銭10枚・・を入れた状態で比較してみても、やはりその感想は変わらず。
逆に厚みの差はほとんど気にならず、「中身を限定したうえで使う」という使い方を想定するなら、コンパクトという意味では「小さいふ」コリーナに軍配が上がるのではないでしょうか。


● アブラサス「薄い財布(ダンボーバージョン)」
小銭入れが端に分離した独特な財布で、二つ折りの財布としてはたぶんトップクラスの薄さ。
開いた中にはカード入れもあり、お札の収納の仕方は、財布を開いた状態でカード入れの下に差し込むようにして入れる独特な収納。
カードはだいたい厚いカード3枚、薄いカード3枚程度の収納力。ただ、カード枚数が収納力より1枚でも下回ると、入れているカードが簡単にスルッと抜け落ちてしまいます。
お札入れと分離している小銭入れも独特で、小銭を一度重ねて、それをスライドさせて斜めにし、その状態で納めるのが「普通の使い方」という、他に類を見ない「使い方を強要される」小銭入れ。
取り出す時には小銭の在庫がわかりやすく、見た目よりは取り出しやすく良いのですが、おつりを貰って収納する時に独特のルールが辛く、お札やレシートと一緒に小銭を手に持ってしまうと、かなり苦戦します。
また小銭の収納上限枚数も少なく、15枚と少しが最大で、例えば1000円で120円のジュースを買い、100円と10円でおつりが出た場合、詰みます。
15枚のリミットを超えた場合でも多少であれば、無理やり小銭を入れ込んで、固定用のボタンを片方だけとじるという荒業で、なんとかできなくも。
が、それでも入りきらない場合には、「入れるのを諦める」しかありません。
小銭が10枚を超えると見た目的にも小銭入れ部分が太くなり、せっかくの薄いスリムな財布の見た目がかなり損なわれます。
実際に財布を持ち歩く場合には5~6枚にしておかないと、いつ小銭が増えて決壊するかわからないという不安があり、普段は小銭メインで使うという人にはお勧めできない品です。
普段使いはカードで小銭はたまにしか使わない or こまめに小銭を管理してきっちり少ない枚数でやりくりする人 に向いています。


● クアトロガッツ「コリーナ」
4種ある「小さいふ」のひとつ。ぱっと見はオーソドックスな二つ折り財布。
開いた中に小銭入れがあるのが特徴で、小銭入れに蓋は無く、口から小銭を入れ、反対側に流し込み、財布を折って、折れた部分が蓋になるという仕組み。
カード入れは背面にあり、厚いカードだと詰め込んで3枚程度が限度。
もっと入れたい人は他の「小さいふ」、ペケーニョやポキートあたりを調べてみるといいかもしれません。
もしくは、お札入れにカードを入れるという手段もあります。
お札入れは1か所で普通の二つ折り財布。カード入れも小さめのポケットで普通。
一番のポイントはこちらも小銭入れで、財布の一番内側に小銭を入れ込むため、小銭の量に財布の厚さがそのまま反映されます。
小銭の入れ方は、口からそのまま流し込むように入れるだけ。容量的にも薄い財布の3倍程度はするっと入り、安心感があります。
反面、小銭の出し方が独特で、財布の中、片側に押し込んだ小銭を、財布を伸ばしてザザーッと滑らせて口のほうに出す形になり、小銭の全体を把握するのが難しく、また内部の横あたりで結構引っかかる事が多く、難なく小銭を出すのにはコツと慣れが必要になります。
先述の通り、財布そのものの大きさは薄い財布より小さく、ポケットでの出し入れも容易、小銭の容量にも不安はないため、一般的な財布の使い方がしたい人であれば、こちらのほうが向いていますが、カードの収納枚数の少なさ、小銭の出し方の慣れなどが必要なため、やはりある程度の割り切りは必要になるでしょう。




proteger

「クリーニング&コーティング」と表に書いてある、スマホ用ケイ素系コーティング「proteger(プロテジュ)」。
使い方は、容器を振ったのち、画面に3~4滴たらし、付属のフキンで塗りのばし、15秒程度乾かしてからティッシュなどで拭き取るだけ。
拭き取りもすぐに綺麗になり、手間というほどの手間もかかりません。
コーティングと言われる作業の中ではトップクラスに簡単なのではないでしょうか。
簡単なぶん効果も実感しにくく、「少し滑りがよくなったかなー?」程度。
その良くなった滑りも、ゲームなどでハードに使えば、1日どころか数時間持てば良い方かな?みたいな感じで、「ん、微妙」といったところ。
フィルムを貼っている人は多分効果を実感できないでしょう。
一回の使用量に対して容器のサイズが大きいので、毎日使ってもそう簡単に無くなることは無いはずです。
総じて「値段なり」?



スマピカ

「高密度ガラスコーティングで画面に新しい輝き」と表に書いてある「スマピカ」。
「ダイヤモンド」と大きく書きそのすぐ下に小さく「のような輝きと強い硬度のコーティングが長持ち」表記。 そもそもお前ガラスだろ?ダイヤってどっから出たの?的ななんともダメな感じのパッケージですが、実際は・・・!
結論から言えば、触った感じと持続性は「ケイ素コーティングより良いかも」。
protegerを使うと触った感触がぬるぬるすべすべな感じになるんですが、スマピカも同じ傾向。指紋もつかないわけではないですが、手でぬぐえば簡単に落ちるようになります。悪くない。

使い方は、容器をよく振って中身を混ぜ、画面に3滴程度つけた後、やわらかい布で丁寧に拭く。と説明にはあるのですが、実際にも何らか塗り伸ばし用の布を用意したほうがいいです。
ティッシュでも施工はできるのですが、ティッシュに液体が染み込んでしまい、全然伸びません。ここは素直に布を用意しましょう。
拭き取りは多分現存するコーティング剤の中で一番過酷です。
俺はさすらいのふき取り師。名など無い。ただこのふき取った輝く画面だけが俺の存在を示すのみだ。みたいなことを呟きながら延々とふき取る作業をすることになります。あのな、この液体ほんと伸びるだけで綺麗にならないんですけど何なんだよお前殺すぞ。ってなること請け合いです。
「約1分程度画面には触れないようにしてください」と説明にありますが、これを1分で拭き取れるならやってみろボケが。と思います。

ガラスに施工すると手触りがよくなるのですが、じゃあガラス以外は?というと、全然だめです。ガラス膜?そんなのものはありません。
うちにあるipadには残念なフィルムが貼ってあり、指の滑りは最悪、繊維系のスタイラスを使ってすら「キュッキュッ」と音を立てて抵抗する有様なのですが、そこにスマピカを施工してみても、何の効果もありません。手触りも滑りも何も変わりません。もちろんカッターを使えば簡単に傷がつきます。硬度?当然ありません。
総じて、「ただ滑りを良くして指紋を落としやすくするちょっと長持ちコーティング」であり、それ以上でも以下でもないと感じました。
容器は半透明で残量がわかりやすい。容量は少ないですが使う量も少ないので、使える回数を考えると、毎日施工必須なフッ素とかのコーティングよりはいいと思います。ただ、施工がめんどくさい。
画面を強くしたいとか傷を防ぎたいとか考えてる方には向いていないでしょう。



ピカグラス

「液晶画面を洗浄&ガラスコート」ぬってか・ピカグラス。
スマホ用ガラスコーティングと言ったらこれ。みたいな状態になっているっぽい製品。
今回試した品の中では一番効果があり、施工は一番ややこしく、また指滑りが一番微妙だった品です。
「ぬらしたティッシュ等で画面に水滴を広げ、そこにピカグラスを4~5滴落とし、全体に塗り広げる」
「その作業を1~2回行う」
という説明ですが、1~2回ってなんですか、1回なのか2回なのかはっきりしろ。
この製品の使い方説明は本当に「?」「???」と困った顔になってしまう書かれ方なので、一度読んで自分の理解力に挑戦してみるといいかもしれません。

・ティッシュ2枚を折り曲げて小さくし、多少滴る程度に水を含ませ、スマホの画面に水を塗ります。
・ピカグラスを4~5滴落とし、先ほどの濡れたティッシュで軽く叩くように塗ると白く泡だつので、それを画面全体に塗り広げる。
・1~2分待つ。
・ほぼ乾いて画面が白く汚れてるみたいな状態になるので、それを渇いたティッシュで拭き取る。

という風に施工しました。といってもこれで正しいのかわかりません。もう少しわかりやすい説明をお願いしたいところです。

効果ですが、ガラスに施工した限りではピカグラスもスマピカも見た目わかりません。が、グレアフィルムを貼ったipadに施工すると、明らかにピカグラスを施工した場合にのみ、触った感触がほんの少し滑りが良くなり、「キュッキュッ」と鳴っていた音も出なくなりました。膜だ!これが膜ですよ!たぶん!
なのですが、ガラスに施工した場合の指滑り・指紋の落ちはスマピカのほうが上だと感じました。
「ガラス膜」なのかどうかはともかく、何らかの膜が形成されているのは、ピカグラスだけだと思われます。
ただ指の滑りという面では他製品に一歩劣っているようです。
今回買った3種の中では唯一、黒の不透明容器で残量が見えないところもマイナス点。

danbo

ケーブルは編み込んだ布みたいな表面で、質感は高く、太く、曲げづらい。
目が光って充電状態を知らせてくれるという話ですが、うちの環境ではNexus5でもMemopadM572でもsw2でも、満充電になろうが充電中だろうが関係なく目はオレンジ色の発光で、「ケーブルを抜いたら赤く光る」動作でした。
また、売りである「光る目」が、Micro側ではなく太い側についているのも問題です。
コンセント側が光っても、だいたいの人は利用スタイルが合わないと思います。

光って状態を知らせてくれるUSBケーブルは他にも出ているので、「ダンボーグッズとして欲しい!」という人以外にはあまりおすすめできない品かもしれません。
ちなみにうちの環境では、充電が完了するとコイル鳴きします。音でお知らせ。

このページのトップヘ